アーカイブ ‘ 2005年 11月

www

何度読んでもクスッとしちゃいます。
 
 
ふいんき(←なぜか変換できない)
そのとうり(←なぜか変換できない)
がいしゅつ(←なぜか変換できない)
しゅずつ(←なぜか変換できない)
加藤わし(←なぜか変換できない)
ほっぽうりょうど(←なぜか返還されない)
童貞(←なぜか卒業できない)
見つめあうと(←素直におしゃべりできない)
自衛隊(←なぜか派遣できない)
せんたっき(←なぜか変換できる)
空気(←なぜか読めない)
確信犯(←なぜか誤用だと言われる)
Romantic(←止まらない)
 
 
そこらへんに転がってるコピペですが…。

反省。

毎回えらそうなことを書いていながら、いまだに膨張中のともまるです(汗)。
ここしばらく体重増加がおさまってきたかなという時に
ストレスから酒量が増えてしまい、追加射ちしまくりの毎日です。
ストレス解消に「お酒」というのがよくないのはわかっているのですが…。
やはり飲むのはお手軽なビールが多かったりするのですが、
「ちゃんと素材の味のする」お酒が好きなので、「ヱビス」とか「モルツ」とかが好きです。
とはいうものの、このままこの生活を続けるわけにもいかないし、
まーちょっとでも改善しようというわけで、

↑これに変えてみようかと。
もともとペリエは好きなので、たまに買っていたのですが、
最近近くのスーパーでセールぢゃなくても298円(750ml)で売ってるのがわかったので
そんなに高くないし、ビール買うこと考えたらこちらのほうがいいかな、と。
基本的には「生活にインスリンを合わせる」派ですが、
「インスリンに生活を合わせる」のも大切だな、と思う今日このごろです。

本日の診察 '05/11/16

・最近血糖が高め安定(涙)な件について
   先日入ってきためっちゃできの悪い奨学生(27歳児/笑) のおかげでストレスたまりまくり
    ↓
   ただでさえそれで高めになるのに、それで酒量増えすぎ
    ↓
   追加射ちで対応するもののしきれず…
   教訓:ビールは1缶にしましょうね
 
 
・ランタス導入が来年になってしまった件について
   さんざん導入延期になってきたランタスですが、
   主治医がランタスの会社の人にさもあたりまえのように「1月になっちゃいます」と
   言われたそうで、かなりむかついてるみたいでしたし、当然私もそう思います。
   やっぱり競争相手がいないってのはだめですね。
   ノボがいま治験中のデテミール(でしたっけ?)が思ったより早く使用できるようになるみたいなので
   それまではランタスを使うことになるのでしょうが、その後は…、ね。
 
 
<本日のおみやげ>
   ノボラピッド注300 2本
   ノボリンN注 フレックスペン 1本
   ダイアセンサー 4箱
   アクトス(30) 14日分
   ペンニードル 1箱
 
<本日のお会計>
   病院:(690円)+薬局:(3,040円)=3,730円

軌跡 [その5]

ともまるがインスリン離脱したのは、
年が改まり2002年のはじめごろで、HbA1cは6.0でした。
その時の血液検査ですが、血糖値・HbA1cだけでなく、
ついでに肝機能などの一般の健康診断で行うような血液検査も追加して検査したのですが、
ビリルビンの数値が正常値よりかなり高めでした。
それまでかかっていた病院ではこれ以上調べられないとのことで、
某大学病院を紹介してもらい、詳しい検査+糖尿病のほうもそちらで診てもらうことになりました。
 
その大学病院では、(1)ビリルビン高値の診断、(2)糖尿病の治療、
そして(3)時々ぼーっとするというか、「自分が自分でないような感じ」があったので、
神経内科に…というわけで、3つの科を同時進行で受診しました。
 
まず(1)ですが、何回かの血液検査と腹部エコー検査で、癌などのやばい病気ではなく、
「自己免疫性肝炎の疑い」があるとの診断でした。
抗体値がこれ以上高くなったら太い針を肝臓にさして組織を採って調べないとならないが
いまのところは経過観察で様子を見ましょうとのことでした。
 
(2)ですが、経口ブドウ糖負荷試験(甘ったるいジュースを飲んで、30分・1・2・3時間後の血糖値を測る)
を行いました。確か2時間と3時間後に200をちょっと切るくらいだったと思います。
通常より体内からインスリンが出てくるのが遅めだとのこと。
そして同時に血中CPR検査(自分の体内からどれくらいインスリンが分泌されているかを調べる)を
行ったと思うのですが、「普通の人の3倍くらい出てますね」と言われびっくりしました。
それだけインスリン抵抗性(体内でインスリンが効きにくい状態)が大きかったのだと思います。
その後HbA1cを測ったのですが、4.8 まで下がっていましたので、
「一応もう通院はしなくてもだいじょうぶですが、暴飲暴食をするとすぐにまた
悪くなりますから気をつけてくださいね」と言われました。
 
(3)ですが、脳波を取ったり、頭部MRIや、神経伝達速度を調べたりしましたが、
特に異常は認められませんでした。
今から考えると、笑ってしまうような理由(たぶん)なのですが、
その当時は真剣に「なんだろう?」と考えていました。
その後しばらく病院に行くこともなくなり、その症状もおさまったのですが…。
勘のいい人ならわかるかもしれませんね。
 
そう、低血糖症状です(汗)。
 
かなり食事量を抑えていたことと、特に朝刊時空腹で配達していたこともあって、
インスリンを打たなくても低血糖状態になっていたんだと思います。
 
 
自分でオチつけてどうする(笑)。
 
 
 
[その6へ]

最近のお気に入り…

補食の定番といえば、7-11にも売っている”青ビスコ”ですが、
最近ともまるの中で評価急上昇中なのが、森永製菓の”LEAFY”です。

パイの片面にミルクチョコがかかっていて、包装が2枚×6袋なので補食にいい感じ。
しかもともまる的には1袋分で約インスリン1単位なのでわかりやすいってのもあります。
元々ともまるはパイ生地とかデニッシュ生地とかが大好きなので、
これを見つけたときは「よっしゃ!」という感じ(笑)。
でもこれってパイ生地だからかなりカロリー高いんぢゃんorz。
しかもあると片っ端から食べずにはいられないともまるのこと、補食ぢゃなく食べてることが多い(滝汗)。

祝! WでGoogleウェブ検索最上位!

今日(’05/11/10)現在、Googleからそれぞれ「ともまる」・「甘さひかえめ」で検索すると、
このブログ(http://tomomaru.net/blog/)が検索結果の最上位に来ています。
そのうちまた順位が下がるような気がしないでもありませんが…。
ともまるがお邪魔させていただいているサイトの皆さん、
このブログに書き込みをしていただいている皆さんのおかげだと思っています。
本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

軌跡 [その4]

1週間の入院生活を終え、シャバの空気を味わったともまるですが、
退院直後に摂った食事がマック(汗/笑)。
さすがに何を食べたかまでは覚えていませんが、
やたらと(笑)おいしかったことだけはよく覚えています。
 
1回の食事の量が激減しました。とくにごはん。
 
ともまるは無類のごはん好き(汗)で、好きなおかずは「ごはんの進むもの」(笑)。
しかも超早食いで、以前電気工事の仕事をしていたときの親方に、
「職人連中ってみんな飯食うの早いけど、お前ほど早いの見たことない」と言われたことがあるほどです。
多摩地区にお住まいの方ならご存知かもしれませんが、
スタ丼大盛り(ラーメン丼すりきり1杯のごはん)と
ビール中瓶1本・餃子を7分で平らげたことがあります。
(逆にあれをゆっくり食べてたら途中でお腹がいっぱいになって食べられないような気もしますが…。)
治療前は、1日2食だったかわりに朝ごはんは3合、夕飯は丼大盛り2杯ぐらいずつ食べてました。
 
いままでがそんな生活でしたから、小さいお茶碗に軽く1杯のごはんはかなりきつかったです。
食べることによって余計にお腹がすく、そんな感じでした。
空腹感でなかなか寝付けないことも多々ありましたが、水を飲んでしのぐ&気合いでカバーしました。
あのころはかなりがんばったなーと思います。
 
糖尿病治療のもうひとつの柱、運動ですが、仕事が新聞店勤務だということもあり、
配達(1日にトータルで4~5時間)でちょうどいい強度の運動ができるため、
そのほかには特に何もしませんでした。
食事制限がつらかったですから、その上運動もしなきゃというストレスがなかったのは
かなり大きかったと思います。
運動療法でおまんまが食べられる(笑)わけですから。
 
そんな感じでがんばっているうちに、インスリンも6→4→2単位と減っていき、
インスリン治療を始めて2ヶ月位して、ついにインスリン離脱することができました。
体重が治療開始から比べると10kgくらい落ちましたし、HbA1cも6.0まで下がりました。
 
当時の主治医は、
「ともまるさん、本当によくがんばってますね。
HbA1cが13だった人が2ヶ月でインスリン離脱なんて、奇跡ですよ!これは。」
とほめてくださいました。
人間何歳になってもほめられるのはまぁ、うれしいもんです。
 
というわけで、しばらく食事と運動で様子を見ましょうということになりました。
 
 
 
[その5へ]

本日の診察 '05/11/02

・10月のHbA1c = 6.9%
   とうとうHbA1cが6%台に! 主治医よりお褒めの言葉をいただきました。
   ただし体重増加と引き換えに…orz
   少しずつでもやせていかないと、ね。
 
・早く風邪を治そう
   ここのところひどくはないけど風邪をひき、
   なかなか治らず血糖値が高め安定(涙)なので、早く治そうということで
   風邪薬を出してもらいました。
   てか先生も風邪ひいてんぢゃん(笑)。
 
   採血した看護婦に、
   「会うたびに顔が丸くなってきてるような(笑)…」と言われた(汗)。
   治療開始時からこれだけ太ってりゃしょうがないかorz
   気にはしてないけど。
 
   実は主治医はこのブログの存在を知っていて、
   あまりにも(?)な発言にはツッコミが入ることになってますが、
   DMに対する姿勢というか、悲観的になってないところがいいのではないかとのこと。
   『ちゃんと治療を続けていけそうですね』と言われました。
   もちろんがんばりますっっ!
 
 
<本日のおみやげ>
   ノボラピッド注300 4本
   ノボリンN注 フレックスペン 1本
   ダイアセンサー 4箱
   アクトス(30) 14日分
   ロキソニン 5日分
   ムコソルバン 5日分
 
<本日のお会計>
   病院:(6,350円)+薬局:(4,430円)=10,780円

return top