カテゴリー
About me and this blog Diabetes

お気楽・極楽 DM生活。

ともまる のめざす(心がける)糖尿病治療のモットー(方向性)です。
ともまるの場合、今までの生活習慣やストレスなどによって
膵β細胞(膵臓内のインスリンを作っているところ)が疲れてインスリン分泌量が減少したり
インスリンの効きが悪くなる2型と違って、
自己抗体やウィルスなどの理由で膵β細胞が破壊され再生されることのない1型ですから、
いまのところ体外からインスリンを補うのが移植を除き唯一の治療法となります。
治療とはいっても対症療法であり、それによって完治するわけではないですから、
生活していくのに必要な量のインスリンを一生補い続けることになります。
あと何年生きられるかは誰にもわかりませんが、
今後の人生をインスリンに縛られて、どうしても食べたいものやしたいことを
我慢するというのは本末転倒のような気がします。
もちろん、本来必要な量のインスリンを射たずに
血糖値(HbA1c/過去2~3ヶ月程度の血糖をモニターする数値)を高いまま放置し、
あとになって合併症に苦しむのは当然避けねばなりませんが、
食べたいものやしたいことを我慢していくらHbA1cを抑えたところで、
合併症が進んでしまうのを完全にストップさせることはできないわけで、
食べたいものやしたいことを楽しみつつ、いかに合併症の進行を抑えるかが重要になります。
ですから、「インスリンに生活(食事)をあわせる」のではなく、
生活にインスリンをあわせる」ことで、人生を楽しんでいくために
(自分にとって)よりよいインスリンの補い方(種類・量・タイミング)を探り続けていきます。

カテゴリー
Consultation

本日の診察 '06/01/13

本当は1/6にも診察してもらっていたんですが、かなり病院側が忙しいみたいだったので、
血液検査と1週間分の処方だけしてもらって帰ってきました。
というわけなので、その結果を聞きに行くのと、
ゆっくりお話ししたかったので今日も行ってきました。
 
・12月のHbA1c = 6.5%
   あれだけ飲んで300台連発してりゃ当然か…(汗)。
   というわけで5%台目指して再出発だっっ!
 
・血中CPR値(食後) = 0.9ng/ml
   自分の体からどれくらいインスリンが分泌されてるかを調べる検査ですが、
   普通の人の1/5程度なんだそうです。
   でも、これがあるおかげで意味不明な血糖上昇がほとんどなく済んでいるわけで、
   なるべく減らさないようにしていかないと、ね。
 
・ともまる的血糖コントロール
   主治医に「今のやり方でいいでしょう」とお墨付きをもらえました。
   長い人生だし、がんばりすぎると長続きしないですから、
   100点満点を取り続ける必要はないってことです。   
   「おいしいものをひたすら我慢してまで長生きしたくない」という私の考え方を
   理解してくださっているからだとも思いますが…。
   もちろん合併症にならないに越したことはありませんが…。
 
 
 
<1/6・1/13 のおみやげ>
   ノボリンN注 フレックスペン 4本
   ヒューマログ キット 6本
   ダイアセンサー 8箱
   ペンニードル 3箱
   アクトス(30) 30日分
    
<1/6・1/13 のお会計>
   病院:(8,570円+420円)+薬局:(2,330円+7,960円)=19,280円

カテゴリー
Diary

はじまりはいつも酒 (笑)

みなさま、遅ればせながら何がおめでたいのかよくわからんような気がしないでもありませんが、
とりあえず あけましておめでとうございます。
「えっっ?雨ぢゃないの?」 とか 「どうせVOWネタだろ?」などのツッコミは置いといて…
12/29~1/3は夕刊がないのをいいことに、ともまるの年末年始は酒”だらけ”でございました(汗)。
お刺身とか甘エビとか自作の鶏の唐揚げやおでんやモツ煮込みとか
よっちゃんイカとかうまい棒(笑)とか、その他もろもろをつまみに結局、
YEBISU 350ml缶 1ケース(24本) ←もらい物だけど
久保田 萬寿 2人で1升
ボンベイ・サファイアで作ったジン・トニック (ちゃんとフレッシュ・ライム使ったよ)
↑何杯飲んだか覚えてない(汗)
てな感じでございました。
とても病院通いしてる人とは思えない(滝汗)。