アーカイブ ‘ 2008年 9月

はんこ

出来損ないの部下に連打してやりたい(笑)。。。
ご存知の方もおいでかとは思いますが、げんれい工房の製品です。
はんこ
箱入りはんこ
実はファンタジスタに1度使ってしまっていたりします(汗/笑)。

本日の診察 '08/09/10

・今回のHbA1c = 7.9%(±0)
  測るのサボりゃそりゃあね。。。
  とはいっても測定器がエラー出まくりで使い物にならんかったし。
 
・測定器交換
  この測定器エラー出すぎっっ!
  という訳で交換。
  先生、前にも1度交換したような気がするんですが。。。
   
・基礎インスリン決定
  前エントリーにあるように、ランタス使ってみましたが配達時低血糖になりがち…注入器はいいんだけどなぁ。
  →レベミルに決定。 
  
・ダイエット
  今年中にもうひとがんばりしておきたいなぁ。と。
 
  
 <本日のおみやげ> …ストック分込みです
  レベミル注300 4本
  レベミル注300 フレックスペン 1本
  ヒューマログ注カート 8本
  ヒューマログ注キット 4本
  測定チップ:アキュチェックコンパクトドラムII 6個
  ペンニードル 1箱
  ロキソニン 30錠 (常備薬)
 
     
 <本日のお会計>
  病院:(6,780円)+薬局:(10,040円)=16,820円
 
 

基礎インスリンあれこれ

ほんの数年前まで、
基礎インスリンとしてよく使われていたのは「N」だけだったわけですが、
「ランタス」「レベミル」と新製品が出てきて、選択肢が広がりました。
すべて使用してみたので、ともまる的インプレッションなんぞを。。。
 
< N >
・使用する前によく振ってまぜまぜしないといけない
・だいたい12時間くらいで効果が切れてしまう
・他の2つと比べ、ピークが大きい
 
< レベミル >
・Nよりは長持ちするが、24時間はもたない
・N程ではないが、ピークがある
・針をつけっぱなしにして保存していると、目詰まりの確率がかなり高い
< ランタス >
・24時間かなりフラットな感じ
・ソロスター(使い捨て)なので高い
・注入器が使い捨てタイプの中では一番いい
 
 
普通の患者さん的には第一選択は「ランタス」なのでしょうが、
「N」や「レベミル」のようにピークが(ほぼ)ないため、
「ランタス」だと配達時に低血糖を起こすことたびたび。
(大したことないレベルだし、ジュースの自販機は腐るほどあるからだいじょうぶだけど)
ピークがあることが逆に利点になってたり。
脂っこいもんよく食べてるし。。。
 
というわけで、いまのところともまる的には「レベミル」がいちばんあってるかな。。。
 
 
 

return top