カテゴリー ‘ Diabetes

類は友を呼ぶ?

先日のエントリーに登場した同僚(同い年)を連れて、診察に行ってまいりました。
 
以前別の店で一緒に働いていた3人が、
いろいろあって今の店に移籍、再度同僚となってるわけですが、
「デブ3兄弟」ということになってます(笑)。
今回の同僚は次男、ともまるは三男でございます。
 
次男は高校時代ラグビーやってたこともあり、
メタボというよりは筋肉デブって感じです。
彼曰く、理想の体型はプロレス選手(打たれ強いということ)。
ただ、おせんべい大好き人間なので、それがまずいのかなぁと。
 
いつもは三男ですが、今日ばかりは保護者のつもり(笑)で診察に同席しました。
診察前血液検査をし、その結果を診察時に聞いたのですが、
結果を聞いて超びっくり!
HbA1c が11.7% もありました。
ともまるは7~8%くらいだと思っていたので、かなり予想外の結果でした。
11.7%もあったらのどがかなり渇くはずなのに、
もともと水分はかなり摂るほうなので、「自覚症状まるでなし」だったようです。
 
で、先生のお言葉を。
1)血液がかなりどろどろになっていて、いつ血管が詰まってもおかしくない状態である
2)何かが起こる前に見つかってよかった
3)「今だけ」がんばってもしかたないので、無理なくできることから始め、それを続けていこう
4)気づいたことがあったら何でも言ってほしい(愚痴も大歓迎)
5)糖尿病について「きちんと」理解できている人がそばにいるのは非常にラッキー
 
ともまるもこの先生が主治医でよかったと思いました。
ともまるも信頼していただいてるようで、
なぜか主治医いわく、「これからは弟がスパルタ教育をしていきますので…(笑)」だそうです。。。
 
治療ですが、かなりHbA1cが高いので一気に下げるわけにはいかないため、
とりあえず「メルビン」が処方されました。
で、ともまるの血糖測定器でたまには測定…(なぜ?/笑)ということになりました。
 
さて、次回の診察(1ヶ月後)はどうなることやら。。。
 
 
 

本日の診察 ’08/05/14

今回は勤務先の健康診断で尿糖が出た同僚と行ってまいりました。
その件については次のエントリーにて。
 
・今回のHbA1c = 6.9%
  測るのサボりゃそりゃこうなるわ!
  次回はちゃんと測ってきちっと下げないとね。。。
 
・そのほかの血液検査
  今回から院内で結果が出る分、時間がかかることになりました。
  中性脂肪以外は特に問題ないようです。
  やっぱり脂肪肝はいろいろとよくなさげですね。
   
・レベミル
  レベミルはNに比べ、1~3割増くらいでちょうどいい人が多いそうです。
  ダイエット時でなく通常時なら、ともまる的にはNのほうがいい鴨。 
  
 
 <本日のおみやげ> …来月診察スキップ(かも?)のため多めです
  レベミル注300 10本
  ヒューマログ注カート 10本
  ヒューマログ注キット 2本
  測定チップ:アキュチェックコンパクトドラムII 6個
  ペンニードル 1箱
 
     
 <本日のお会計>
  病院:(7,940円)+薬局:(12,000円)=19,940円
 
 

ダイエット報告 その2

この前の診察から、半月くらいほとんど体重の下がっていないともまるです。
手綱を緩めているわけではない(むしろ厳しくしているくらいな)ので、
いわゆる停滞期なのかなぁと。
 
診察時に停滞期の話があったけど、
ダイエットを続けていくと、体が勝手に基礎代謝を無理やり落としてしまうので、
一時的になかなか体重が下がらず、そこでダイエットをやめてしまう人が多い(主治医談)」ですが、
どう考えても今の食事量でこの体重を維持できるわけがないので、
続けていけばそのうちまた下がっていくことでしょう。
おかげで肌がかっさかさになったりしていますが。
 
ま、今までに3ヶ月で20kgのダイエットを2度ほど経験しているともまるですから、
停滞期も経験済みですし、(ダイエットを)やめないことが一番大切だってのもわかっております。
 
もうちょっと体重が落ちて折り返し地点まで到達したら、
無理やり下がっている基礎代謝を元に戻す(体調を整える)意味も込めて、
しばらく体重上昇しない程度にご褒美をあげようかなと思ってます。
 
 

本日の診察 ’08/03/19

・今回のHbA1c = 6.2%
  前回(6.3%)と比べ、ほとんど下がっていませんでした。
  2月初めからのダイエットで基礎分の必要量の低下で何回も低血糖に見舞われ、
  2月末くらいからゆるゆるなコントロール(ともまるの基準)にしたため。
  次回は5%台をめざします。
 
・ダイエット
  今回の測定では77kgでした。  
  予告もせず急に始めたため当たり前っちゃ~当たり前なのですが、
  主治医も看護婦も、ものすごく驚いてました。
  主治医はほとんど「すごいです」と「素晴らしいです」しか言っていなかったような(笑)。
  
・レベミル
  通常時ならNのピークを血糖上昇遅延に利用するためNのほうがいいと思うこともあるのですが、
  ダイエット中なので基礎分と追加分の切り分けをちゃんとしたかったので、
  しばらくはレベミルでいこうと思います。
 
 
 <本日のおみやげ> 
  レベミル注フレックスペン 1本
  レベミル注300 4本
  ヒューマログ注 6本
  ヒューマログ注 キット 2本  
  測定チップ:アキュチェックコンパクトドラムII 6個
    
<本日のお会計>
  病院:(6,770円)+薬局:(7,420円)=14,190円
 
 

ダイエット報告

えーっ、3月に入り少しずつ暖かくなってはきているものの、
花粉症の方々には辛い日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 
先月よりダイエットを開始したともまるですが、
体重もまーまーなペースで推移しております。
ただいま平均で81.5kg、瞬間風速ではサウナに入った直後で80kgちょうどでした。
さて、いつまでモチベーションが続くのでしょう?
とはいっても、今までがあまりにも「甘々」だったので、
ひかえめ」な部分もたまには、ね。
主治医に「ともまるはやればできる子(笑)」というのを見せとかないと。。。 
 
 
前エントリーで杜仲茶と青汁が出てきましたが、けっこう重要な役割を果たしてます。
杜仲茶:血圧と血中中性脂肪の低下
(がぶ飲みしても下がり過ぎることはないし、ノンカフェインなので睡眠前も飲める)
青汁:ビタミン類・繊維質の補給
(おなかが空きにくくなる!)
 
特に青汁はすごいです。空腹感がかなり軽減されているのがわかります。
もちろん個人差はあるでしょうが、ともまる的には大正解でした。
ま、確かにおいしくはないですが、某コンビニにある冷凍のやつならいくらかは飲みやすいかと。
 
インスリンですが、どんどん減ってきていて、基礎用のNが11~13単位(2回/日)まで減っています。
最盛期(笑)に比べると半分以下で、体重減少分に比べると大幅に減っているため、
間違いなく抵抗性が改善されてきていると言えると思います。
 
というわけで、今月末に70kg台前半目指してがんばります!
 
 

ダイエット ‘2008

ここのところの診察では、毎回のように体重が話題になっておりました。
こんな感じとか。。。
 
なかなかモチベーションが上がらず、踏ん切りがつかなかったのですが、
免許証の写真で、やっと重い腰を上げることになりました。
(もう写してしまったのであまり意味がなかったのですが)
 
とりあえず先月末に測った時に、88.8kgあったのですが、
いつまでも末広がっていても仕方ない(笑)ので、今月初めよりダイエットしております。
すぐにエントリーしなかったのは、三日坊主になったら報告が…というわけで、
ある程度続きそうになってからのほうがいいかな、と。
 
で、何をしてるかというと、
1)ごはん(主食)の量を減らす [今まではどんぶり1~2杯を普通の茶碗でおかわりなし]
2)お酒禁止 [外せない飲み会ならつき合う程度に]
3)青汁を1日1杯 [コンビニにある冷凍のやつ]
4)お茶代わりに杜仲茶がぶ飲み
これだけです。
 
約20日間たちましたが、約5kg弱やせました。
体重が落ちてるのはもちろんうれしいけど、もっとびっくりなのが、
基礎インスリンが減ってることです。
基礎用にはNを使ってますが、28~32単位(2回/日)が18~20単位まで減っています。
急速にインスリン抵抗性が改善されてきました。
お酒を飲んでいないのがいいのではないかと。
おかげで低血糖になりまくり。。。
 
このモチベーションがいつまで続くかはわかりませんが、
なんとか60kg台にはしたいと思っております。
 
 

本日の診察 ’08/01/12

・今回のHbA1c = 6.3%
  前回(6.7%)以前と比べ、まったく節制などしていませんが、
  下がっていたのはそこそこ測っていたからでしょう。
  「これくらいだろう」と見当を付けて注射しても、やっぱり誤差は出るわけで。
  次回は5%台をめざします。
 
・レベミル処方
  今回レベミル注300を4本処方してもらいました。
  注入器も現行のもの(ノボペン300 / デミ)が使えるとのこと。
  主治医は何人かレベミルに変えた患者さんがあまりいい結果になっていないと言っていたので、
  (あまり効かず注射量が増えることが多い/1.5~2倍の人もいるらしい)
  Nから全部変更は怖すぎるのでとりあえず様子見で半分くらいということに。
  
・フレックスペン(キット)化推進中
  ノボにしてもリリーにしても、
  数年中にどうも全てのインスリン注入器をディスポーサブル(使い捨て)化する方向らしい…。
  使用量が少ない患者ならいいが、ともまるなんてそれだけで月2,000円以上変わってしまう…。
  このエコの時代に何やろうとしてんだか。。。
  考え直してくださいよ、インスリンメーカーさん!
 
 
 <本日のおみやげ> 
  ペンフィルN注300 6本
  レベミル注300 4本
  ヒューマログ注 12本
  ヒューマログ注 キット 2本  
  グルテストセンサー 6箱
    
<本日のお会計>
  病院:(6,560円)+薬局:(12,520円)=19,080円
  ※来月通院できるかどうかわからないので多めです。 
 

本日の診察 ’07/11/07

ずいぶんとひさしぶりの更新となってしまいましたが…。
インスリンがけっこー余ってたので10月の診察はお休みいたしました。
 
・今回のHbA1c = 6.8%
  ここのところのストレス生活からすると、前回からさらに上がってても
  おかしくなかったのですが、良い方向の見当違いで下がっておりました。
  注射はともかく、測るのがとにかく面倒いんだよね…(だめだめぢゃん / 恥)
  次回はさらに下げなくては。
 
・デテミル
  12月初旬発売開始だそうです。
  注入器も現行のもの(ノボペン300 / デミ)が使えるとのこと。
 
・イタンゴ
  ランタスの新注入器ですが、
  例の(笑)注入器が過去3度も半年以内に発売中止になっているので
  1年くらいは様子を見たほうがいいでしょうとのこと。  
 
・ファンタジスタ大人気
  詳しくは過去の記事参照ですが、
  その後も彼はファンタジスタぶりをじつにいかんなく発揮しており
  顔を見かけるだけでその瞬間胃がキリキリと…。
  「低血糖のときに顔を見かければいいのでは…(笑)」などと
  主治医は言ってましたが、本当にしゃれにならないので
  胃薬を出してもらいました。  
 
 
 <本日のおみやげ> 
  ペンフィルN注300 6本
  ヒューマログ注カート 10本
  ノボリンN注フレックスペン 1本
  ヒューマログ キット 2本
  タケプロン・ムコスタ錠 それぞれ1週間分
  測定チップ:グルテストセンサー 4箱
     
<本日のお会計>
  病院:(6,960円)+薬局:(10,620円)=17,580円
 
 

そろそろダイエット

先日の血液結果でおもいっきりメタボだと判明したともまるです。
「メタボリック症候群は生活習慣病を誘発しやすい」…ってもうなってるぢゃん!(涙)
ま、このままほっとくわけにもいかんし、体重を落とせばインスリン代も浮くということで
そろそろがんばらないとね。
 
ともまるの体重を聞くとみなさんが
「そんなにあるようには見えな~い」とおっしゃるのですが、
ということは皮下ではなく内臓に脂肪がついてるわけで、
体への悪影響が多いけど、やせようと思えば皮下脂肪よりは落としやすいので
思ってるよりは短期間で痩せられるかな、と。
 
目標としては、年末までに75kg(-10kg)、
3月末までにさらに5kg落とせればいいかと思っております。
実は3ヶ月で20kgダウンさせたことが2回あるので、
どうすれば痩せるかはよくわかっております。
基本的には、こうするつもりです。
 
あとはモチベーションをどう保つか…ですね。
 
 

高インスリン血症

先日の診察で、8月の血液検査の結果を聞いたわけですが、
インスリン濃度が、49μU/ml もありました。
通常が3~18ですから、3倍くらい?
 
ともまるの膵ベータ細胞からインスリンはほとんど出ていませんから、
(空腹時Cペプチド:0.3ng/ml)
「注射しているインスリンで高インスリン血症」ということのようです。
 
「高インスリン血症」は、今すぐ何か体が悪くなるとかではないけれど、
そのままにして10年以上たつと動脈硬化など血管に大ダメージを与えてしまうようで。
 
インスリン代も馬鹿にならないし、
治療が逆に体にダメージを与えているってのはいかがなものか。
 
少しづつでもインスリン抵抗性を下げていかなくては…
てことはやっぱり「痩せろ」ってことなんですね。。。(涙)
 
 

return top