カテゴリー ‘ Photo

散る桜 残る桜も 散る桜


良寛の辞世の句といわれていますが、、、

どんなに自分のために頑張ってみたところで、
100年あまりでいま生きているひとは誰もいなくなってる。
だったら、もちろん自分はだいじだけれど、自分の周りの誰か別の人のためにも生き(て次世代に渡していけ)たら
こんなに素晴らしいことはないのではと思う今日このごろ。
なかなか難しいことではありますが。。。

桜といえばやっぱりこの時期、入学式シーズン。
3月末に満開(で離任式?)ってのはともまる的にはなんだかなーなので、今年は気分がいいなぁ。

※例によってクリック(タップ)後の元画像データは大きいのでお気をつけください。

 

速報…なのか?

ことしも桜の季節がやってきました。
東京ではまだまだ咲き始めで、とりあえず、ではありますが。

元画像はかなり大きい(5184×3456)のでご注意ください。

 

2016_sakura1
2016_sakura2
2016_sakura3

ずぶずぶずぶ…ぶぶっっ

言い訳(くっっ、苦しすぎる…)は、「今年は昨年以上にきれいに…」

こうやって撒き餌レンズ(EF50mm f/1.8 STM /上段)から
沼にはまっていく…orz

単焦点2本

下段は、EF35mm f/2 IS USM。
やっぱり明るいレンズぢゃないと「ボケ」やシャッタースピード的にはね。
もちろん暗いところでも。だから単焦点。ズームは自分の足。

本体はAPS-Cセンサーだから焦点距離はフルサイズの1.6倍。
だから、換算で上が80mm、下が56mm。

腕なんてないのにモノだけそろえるという…ありがちなパターン。
50mmには手ぶれ補正がついてないので、最低限ぶれないようにいっぱい撮って練習しないと。

ひのもとおにこ

kishibojin

kishibojin2

kishibojin3

kishibojin4

不法侵入(笑)

IMG_1022 IMG_1024 IMG_1025 IMG_1030 IMG_1031

わたしたちの象徴

ただいま、東京では桜が満開。
せっかくいただいたいい一眼レフがあるのになかなか出番がなく、
こんな時でもないと…くらいにきれいだったので
撮ってみました。

sakura sakura2 sakura3 sakura4 sakura5 sakura6 sakura7 sakura8 sakura9 sakura10

 

オートでパシャパシャとシャッターを押しただけなので、
芸術性のかけらもないのはご容赦を。

古文で「花」といえば、さくらのこと(梅もあるが)。
ふだんは来るべき出番に備えてじっと力を蓄え、
時が来たらここぞとばかりに咲き誇り、
未練を残さずぱっと散る。
私たち日本人の(あるべき)生き方や心そのもののように感じます。

return top