Beaujolais Primeur ‘2007

別にマーケティングに乗せられてるつもりはないですが、
「そういえば昨年はおいしいボジョレー飲まなかったなぁ…」ということで
今年は3年前に買ったところで3本ほど予約して手に入れました。
ちなみに3本で10,000円をちょっと超えるくらいでした。
というわけで簡単な感想など。
 
(1)アンリ・フェッシー (kiriといっしょに)
   とにかくスムーズ。かといってもちろん薄いというわけではなく、
   本当に飲み飽きないといった感じ。
   知らないうちに1本開いていた(笑)。
 
(2)フレデリック・コサール (カマンベール、ハモン・セラーノといっしょに)
   ウサギのイラスト入りのラベル。
   黒っぽい感じというか、スパイシーな感じ(説明しにくい!)がハモン・セラーノとよく合っていて
   これもなかなかよい。
 
(3)フィリップ・パカレ (ガーリック・ハーブ入りクリームチーズといっしょに)
   (1)に渋みを足した感じ。
   ちと冷やしすぎたか?
 
どこぞのコンビニにある「水+ブドウジュースで色づけ+焼酎」のようなヌーヴォーとは一線を画す味で、
どれもおいしく頂きました。
 
 

  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (2)
    • my
    • 2007 11/25 10:06pm

    こんばんは。
    やっぱり、ともまるさんはロマンチストでおしゃれだなー。
    ボジョレーは頂きませんでした。
    私には、ワインには毎年の酷な思い出がよぎります。
    ワイン+チーズ、
    あとから、来ませんでしたか?

  1. 「ロマンチスト」という言葉が「世界一似合わない」ともまるです(涙)。
    多分会ったらわかると思いますが。
    というか、自分自身にロマンチストなんて感覚は全然なく、
    「相手に本当に喜んでもらいたい」って思っていろいろ考えたり行動したりしてきただけですよ。
    ともまるの場合、「来る」前に頭が痛くなっちゃう人なので、
    特に最近では戻すまでは飲まないですねぇ。
    昔は限界まで飲んでましたが、もともと量を飲める人ではないみたいなので。

CAPTCHA


return top