ともまる 2010

いろいろありすぎた…というより、「あったこと」がデカ過ぎた2010年のともまるです。

またもやともまるの勤務先がなくなってしまいました。orz

もともとうちの系統の販売店には何年かごとに異動があり、
(詳しい人にはそれでどの新聞社かバレますが)
うちは長いこと異動がなかったため、そろそろかなぁと思っていた矢先のことでした。
異動の際、学生(新聞奨学生)はそこに残りますが、
専業(正社員)は基本的には所長(経営者)についていくことになります。
一回の辞令で数店舗が動くことになるのですが、
今回私たちが行くはずだった店舗は本社直轄だったため、
専業の異動がなく、私たちが行くと人間が余ってしまうことになります。
さらに、経営的に厳しかったこともあり、
本社の意向で異動と同時に店を潰して周りの3店でエリアを分け合うことになりました。

ともまるは同僚である「次男w」とともに店や所長に対してある意味「言いたい放題」だったので
(「自分の待遇が…」とかではなく「店のためにはこうすべき」など)
昔の経営者にありがちな「イエスマン」じゃないといやな所長は、
早々に新しい店に連れていかないと決めてしまった(次男もそうですが)ようで、
さすがに本社マターでクビにするわけにもいかず、人手の足りない店に手を挙げてもらい、
面接をして、その中のひとつの店に移籍することになりました。

面接(旧・新所長とともまるの3者で形式的なものですが)の際、
ともまるの給与明細を見た新所長の第一声は、
「高っけーなー! おれこんなに払えねーよ!」でした。
ずぶの素人ならともかく、10年以上の経験と知識をなんだと思ってるんだと。
さらに、「このデフレの時代に昇給なんてありえない!」と言われる始末。
まだ移籍後初回の給料は出ていませんが、下がること確定です(涙)。

退職して次を探すことも考えたけど、手に職があるわけではないし、
退職金+積立が7桁半ば程度しかない現状で、前からやりたかった店を持てるわけもないし、
次の仕事にありつくまでの生活費としてそんな金を使うわけにはいかないし。

新店に移籍したら移籍したでびっくり。(1回の)配達部数が100部近く多い!
確かに配達部数が多くなるからと言って100%大変になる訳ではないけれど、
今回はちゃんと大変になっていた(涙)。
さらに、配達部数が多くなるってことはミス(入れ忘れや誤配)の可能性も上がるわけで。

しかも、(旧)所長に異動の内示があってから移籍決定、完了まで1ヶ月かかってない。
どんな強行スケジュールなんだと。

仕事が辛くなった上に給料が下がって、いいところのない2010年のともまるですが、
とりあえずはやり過ごすしかないようです。
「どうしても我慢ならん!」ことが出てこない限りは
簡単に退職して次を探そうとは思っていませんが、
長期的に見て「これならあり!」と思える道が見つかれば、躊躇なくそちらに進んでいこうと思います。

  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (2)
    • ドクターT
    • 2011 01/12 11:57pm

    ドンづまりですね。私もそうです。私の周りの人間、みんなドンづまりです。
    光が目の前に見えればいいですが、それもないですね。これは、清い酒で厄をとるしかないと思います。互いに放出しないといけないと思います。では、暗いメールをすみませんでした。

  1. >>ドクターT さん

    コメントありがとうございます。
    こちらでははじめましてですねw

    どんなに暗い闇夜でも、
    遥か先にかすかにでも一筋の光が見えていればいいのですが。

    このまま流されてしまうのではなく、
    現状と戦う(「fight」ではなく、あくまでも「struggle」)必要性も感じつつある今日このごろです。

    で…お互いに何を放出するんでしょうかwww

CAPTCHA


return top