いちばんの根っこ

「糖尿病って?」と聞かれたとき、
ふつうは「血糖値が高くなって尿に糖分がでてきてしまう病気」と答えるのではないでしょうか?
もう少し理解している方は、
「それにはインスリンがかかわっていて、放置すると失明したり人工透析になってしまう」との答えになると思われます。

確かにそれらの答えは正しいですし、少しも間違ってはいないのですが、
本質的に糖尿病は
「インスリンが足りないもしくは効きにくいために、(血液中のエネルギーとしての糖分)=[血糖]を細胞内に取り込めない(取り込みにくい)」病気
というところまで理解している人は少ないのではないかと感じます。

この「糖尿病のいちばんの根っこ」がわかれば、自分の病態を見つめたとき、
どのようにすれ(治療していけ)ばいいのかが自ずからわかるでしょうし、
主治医の指示の「意味」も理解できるのではないでしょうか。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

CAPTCHA


return top