6+6≠12

今回は、少食というか、ちゃんと摂生している方々にはあまり関係のない(笑)お話です。
DM患者のくせに大食い(汗)なので、食前に10~20単位くらい(え?/何)のログを射っています。
ともまるの場合、食後2時間では正常値に戻っているのですが、
食後1時間くらいの血糖値が一番高く、大体200~高いときには300近くまで上がってしまっていました。
先日、ログのキットの残りが少なかったので、残りと新しいキットと、2回に分けて射つことにしました。
(大体同じ量/6単位+7単位だったかな?)
すると食後1時間値が180くらいで納まっていたのです。
あれ?と思ってその後何度かわざと分割して射ってみたのですが、いずれも200越えはしていません。
 
そのことから、
 
一定量以上のインスリンを射つと本来の効きよりも遅くなる
 
ことがわかりました。
カレーを食べているのにログだけで対応できているのはこういうことだったんだと。
データ不足で何単位以上射ったら遅くなるのかはまだわかりませんが、
血糖値の上下の差をなるべく少なくする方法が見つかったことで
一歩前進できたような気がします。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

CAPTCHA


return top