本日の診察 ’05/08/26

やっぱり指摘されちゃいました…低血糖。
冗談で「HI は経験済みだから今度はLOを目指そうかな(笑)」って言ったら、
「間違ってもそれだけはやめてくれ(汗)」と釘刺されちゃいました。
(今の)主治医にかかるようになって、
具体的な摂取カロリーの話が出てきてないのが不思議なくらい。
(もちろんこれ以上太るわけにはいかないけど)
「体を動かす仕事だから、しっかり射ってしっかり食べましょう」
としか言われてない。
たぶんカロリー指定したところで「よくわからん/計算面倒くさい」で終わってしまうのを
よくおわかりなんじゃと思う。ひとりもんだしね。
この前8月分ってことで測定チップを100枚もらったけど、
今日も100枚もらってこれた。
これでしばらくは「測り放題」だぁ~!
てか、超即効型を使ってる時点で1日3枚じゃちゃんとコントロールは
かなりむずいような。
まだ血糖値と食事量とインスリン量の関係がちゃんとわかってるわけじゃないしね。
それよりも、先生!次回は忘れずにA1c測ってね~!(笑)

やっちまった

Danger
起きれてよかった!
あと1単位多かったらと思うと…。
ただ、体感的にはこの前の50のときのほうがヤバかったような…。

ふだんの食生活

水曜日と日曜日以外の朝食と夕食はお店(勤務先)に賄いが用意されています。
タイ○イのファミリーセットってやつです。
所長の奥さんが作ってくれてます。
少なくともまずくはない(微妙な表現…)ので、
ありがたくいただいております。
(しっかり給料から引かれてるからそりゃ食いますとも。)
賄いがない日は自分で作ればいいんでしょうが、
まだ独りもん(汗)なので、いくら料理が好きだといっても
自分のためだけにはめったに作りません。
(元彼女と半同棲状態のときはけっこう作ってましたが。)
食べてる時間より作ってる時間のほうがはるかに長い(笑)のはいかがなものかと。
もちろん不経済ってのもありますが。
お昼ごはんはすぐ近所(4軒先かな)に7-11があるので
そこで買ってくることが多いです。
最近は食べ飽きてきたけど。
ただ、お弁当の裏にちゃんと「炭水化物量」を表示してくれてるので
単位設定に大助かりです。
侮りがたし、コンビニ弁当!(笑)

今日のともまる ’05/08/19

02:50 起床
03:00
 ↓   朝のお仕事 (朝刊配達)
06:30
06:45 血糖値測定:142
      30mix:13
      ログ :6
    朝食:ごはん・ねぎと麩の味噌汁
        鰈の煮付け
        卵・納豆・胡麻豆腐
10:30 血糖値測定:157
11:30 ログ:12
    昼食:7-11の炭火焼牛カルビ弁当と中華春雨サラダ
14:50
 ↓  午後のお仕事 (夕刊配達)
18:00
18:15 血糖値測定:132
      30mix:12
      ログ :7
    夕食:ごはん・茄子の味噌汁
        豚冷しゃぶサラダ
        肉団子と筍の煮物
        胡瓜・わかめ・カニかま・油揚げの和え物(甘味噌)
19:10 血糖値測定:259 ←これは失敗だと思われ(汗)
20:20 血糖値測定:153
21:20 血糖値測定:126
22:20 血糖値測定:119
30mixの割合を少しだけ下げたほうがいいのか?

ひさしぶりの「泡」

地震で一ノ関に閉じ込められていた同僚が何とか帰ってきたので、
明日(もう今日ですね)休めることになりました。
「そういえば最近ワイン飲んでないなー、ビールばっかりで。」
ということで買って来ました。スパークリング。
本当はシャンパンがいいけど、しょっちゅう飲める身分でもない(涙)ので、
今回はオーストラリアの「グリーン・ポイント」にしてみました。
というわけで飲みながら書いてます。

セール中で安かったとはいえシャンパンと同じ「びん内2次発酵」は譲れません。
このスパークリングワインは初めてですが、
モエ・エ・シャンドン社(ドン・ペリニョンを作ってるところですね)が
オーストラリアで作ったものなので、ある程度安心して買えました。
同じスパークリングでもスペインのカバと違ってバランスのよさがいいですね~。
カバのフレッシュなところはそれはそれで魅力的ですが。
つまみは生ハムとブルサン・アイユ(ガーリック入りクリームチーズ)をクラコット(クラッカー?)に載せて。
ついでにコルクの上のキャップで椅子なんぞ作ってみました。
上の画像にも載っています。

揺れましたねー!

朝食を摂ってひと眠り、うとうとしてたら 「あれ?地震か?」
すぐに収まるだろうとたかをくくっていたら 「おいおいおい、いつまで続くんだ?」
たいしたことないだろうとそのままもうひと眠りしてしまいましたが、
その後東北のほうがとんでもないことになっているのに気づいたのは夕刊の時でした。
そういえば同僚が実家の一ノ関に帰ってるぢゃん!
あいつが今日中に帰ってこないと俺明日休めないぢゃん!
悪い予感はやっぱり当たってしまいました。
本人と家族は無事でしたが、新幹線の架線が切れて復旧のめど立たず!
というわけで7時間後には仕事ということに…(涙)。

強化インスリン療法

強化インスリン療法」って何だ?
というわけで調べてみました。
「インスリンを1日1~2回ではなく生活パターンにあわせさらに打つことにより、
よりよい血糖コントロールを目指すこと」
だそうで。
要するに、「インスリンのメッタ打ち!」(ぜんぜん要してない要してない/爆)
『ぶっといお注射なら何回でも…OKよ♥』(ただいま教育上不適当な発[以下略/爆)
という方も中にはいるでしょうが、普通は痛い思いして何回も注射なんてしたくない(はず)。
そんなに打ったらおなかが蜂の巣になっちまう。
「お前はそんなに蜂の巣になりてぇのか?」(ガンマン風味)と聞かれて
「はいっっ!!」(爆/涙)と元気よく答えなければならない
生活を始めてしまったともまるなのでしたぁ~(今日のわんこ風味)。

本日の診察 8/12

今日は、食後に血糖値が上がり過ぎ、仕事中に下がり過ぎるという
現状の問題点を話してきました。
いま使っているインスリンはノボラピッド30mixのみなので
どうしても食後がーんと上がってしまい、
仕事(新聞配達)時に一気に(150~200くらい)下がってしまっていました。
そこで糖質の消化・吸収を遅らせて、
食後の高血糖をおさえる薬の導入を勧められましたが、
注射に抵抗がないのと飲み薬だとどうしても忘れてしまいそうなこともあり、
超即効型インスリンの導入とあいなりました。
本来ならいわゆる4回打ち(ランタス+ラピッドorログ)なのでしょうが、
まだ30mixが4本も残っていたのでそれがなくなった時点でランタスにするかどうか
決めるということで落ち着きました。
かなり変則的ですが、食事の内容によって割合を変化させられる(朝・夕)ので、
これはこれでありかな、という感じもしています。
ちなみに即効型のほうはヒューマログでした。
なぜなんだ?大人の事情ってやつなんですかね~?
ヒューマログ、使ってみましたが打つときの感覚がふにゃっとしていて
なんか変。ただ30mixと間違えなくていいかな。

Profile

“ともまるワールド” へようこそ!
         名前 : ともまる
       Birthday : March 25 おひつじ座
      年齢と性別 : おぢさん
         職業 : ともまる (←なんぢゃそりゃ / 笑)
         出身 : 今はすでになき(涙)静岡県清水市
        現住所 : 都区内某所
         愛車 : Press Cub → News Gear → News Mate
         趣味 : 料理 (ご多分にもれず悪い意味での男の料理/笑)
              お酒 (どちらかというとゆっくり落ち着いて味わうほうが好き)
              カラオケ (ミスチル ・スピッツとかが多いかな)
      座右の銘 : 家内安全 (ぉぃ/笑)
好きな言葉(セリフ) : 『むろん人間にとって現在は大切ですが、どうせなら過去の結果としての現在より、
               未来の原因としての現在をより大切になさるべきでしょうな』
               (by ルパート・ケッセルリンク / 銀河英雄伝説)

にんにく醤油

今年もにんにくの収穫時期になりましたね。
にんにく好きにはたまらない、にんにく醤油。
1度作って保存しておくと「つけ・かけ」はもちろん、炒め物などの味付けにも大活躍!
簡単なので、ぜひ Let’s try!


1. とにかく簡単なお手軽バージョン
用意するのは、にんにくと醤油(あたりまえだ/笑)、きれいに洗ってよく乾かした瓶、これだけです。
にんにくの皮をむき、根の部分を切り取ったら瓶に放り込み、
醤油を注いで蓋をし、保存しておくだけ。
冷蔵庫に入れておく必要もありません。(直射日光下は避けてね)
にんにくと醤油の割合もご自由に。
にんにくの風味を早く醤油に移したければ、
漬け込む時にんにくを3分割ぐらいに刻んでおくといいでしょう。
漬け込んだその日から使えますが、2週間以上置いておくと味がなじんでいい感じ!
もちろん醤油を使い終わった後のにんにくも食べられます。
ただし、黒く醤油色に染まっている場合はかなりしょっぱくなっていますから、
みじん切りなどにして料理の味付けに使うといいと思いますよ。


2. グレードアップバージョン
だしや煮切った日本酒などを加えてグレードアップしたバージョンです。
◎材料◎
にんにく7~10個 (サイズによる/瓶の高さの1/3くらいかな)
醤油 1000ml
たまり醤油 200ml
日本酒 200ml
昆布 5×5cm 1枚
かつおぶし 10g 程度
だしパック
鷹の爪 2本
容量2リットルの広口瓶
◎作り方◎
1.瓶をきれいに洗ってよく乾かしておく。
2.にんにくの皮をむき、根の部分を切り取る。
3.大きめの鍋に日本酒を入れて火にかけ、アルコール分を飛ばしたら、
 醤油・たまり醤油・にんにく・昆布・だしパックに入れたかつおぶし・
 種を取った鷹の爪を加えて熱する。
4.沸騰のちょっと前になったら、火を止め、自然に冷ます。
5.しっかりと冷ましたら、瓶に移し、冷暗所に保管する。
6.昆布やかつおぶしのだしが醤油に移った頃を見計らって瓶から取り出し、さらに保存する。
◎ポイント◎
・醤油とにんにくをいっしょに火にかけることで、にんにくと醤油、だしなどがなじみやすくなります。
 ただし、沸騰させてしまうと香りが飛んでしまうので、くれぐれも沸騰させないように。
・日本酒の代わりにみりんを使ったり、日本酒の割合を増やしたりしてもいいと思います。
ただし割合を増やす場合には冷蔵庫にて保管してください。
・だしとして干し椎茸を加えてもいいかもしれません。


3. 長期熟成バージョン
にんにく風味のまろやかさ、香りにこだわったバージョンです。
◎材料◎
「グレードアップバージョン」と同じ(量は適宜)
◎作り方◎
1.小さめの瓶をきれいに洗ってよく乾かしておく。
2.にんにくの皮をむき、根の部分を切り取る。
3.日本酒を煮切る(アルコール分を飛ばす)。
4.瓶に昆布・にんにく(瓶の容量の1/2~2/3程度・
 だしパックに入れたかつおぶし・種を取った鷹の爪を入れる。
5.煮切った日本酒が冷めたら、醤油・たまり醤油・煮切った日本酒を5:1:1で瓶いっぱいに加える。
6.蓋をし、冷暗所にて保存する。
7.昆布やかつおぶしのだしが醤油に移った頃を見計らって瓶から取り出し、さらに保存する。
◎ポイント・「グレードアップバージョン」との違い◎
このバージョンでは長期保存を前提にしています(半年以上)。
にんにく・醤油の香りの中にはうまみ、健康成分などが含まれているので、
それをいかに逃がさないか(揮発させないか)を大切にしています。
そのため、小さめの瓶を使ったり(大瓶で作るなら小さめの瓶で何個か作る)、
瓶の中の空気を少なくするようにしています。
にんにく醤油を使用していくうちに瓶内の空気(空きの部分)が多くなってきたら、
小さい瓶に移し変えて保存したほうが揮発を抑えることができると思います。
(普通の)醤油で割って使う(長期保存によって失われた醤油の香りを追加するため)ことを前提に
にんにくの割合をかなり高めてあるので、
にんにくの成分が醤油に移ってくると、醤油がとろっとしてきます。


各バージョン共通のポイント
時期をずらして作って保存しておくと、いつでもおいしいにんにく醤油が使えるようになります。
継ぎ足しで作ってもかまいませんが、その場合にはにんにくと醤油だけで作った方がいいでしょう。
(塩分濃度を下げない/腐敗を防ぐため)


ん~、にんにく醤油のポークソテーが食べたくなってきたっ!(笑)

return top